クッキング父ちゃん食べ歩き食レポブログ

感性で料理を作るクッキング父ちゃんです。 料理・ラーメン・酒などを自分なりに紹介します。いわゆるグルメブログってところか!!

スーパーカップ『黄金鶏油ワンタン麺』鶏油っていうだけでアゲアゲになるんだよね!!いつもの醤油よりかなりオイリーな手応えだな!!

f:id:kukking10chan:20191122114337j:image

読みに来ていただきありがとうございます。

鶏油大好きクッキングダディーです。

 

エースコックに新商品が…

コンビニで朝っぱらから見つけてしまったんだ。

 

今日のお昼はこれの決定でいいよね。

まずはHPをチェックだ。

(コンビニ限定)超スーパーカップ1.5倍 黄金鶏油ワンタン麺
王道と品質にこだわったコンビニ限定の「スーパーカップ」姉妹ブランド。
コク深いスープ、大盛りめん、食べごたえのあるワンタンが三位一体となった一杯!

f:id:kukking10chan:20191122114953j:image

しっかりした弾力と滑らかさを併せ持つ丸刃のめんです。
チキンの旨味をしっかりと利かせた醤油スープです。黄金色の鶏油をふんだんに使用した、濃厚なコクと食欲をそそる香ばしさが味わえる一杯です。
滑らかな食感で風味の良いワンタン、色調の良いねぎ、程良く味付けしたメンマを加えて仕上げました。

希望小売価格:220円(税抜価格)
内容量:125g (めん 90g)
JANコード:4901071231972
発売日:2019年11月18日

 

それほどリッチな気分を味合わせてくれるのだろうか。

黄金の鶏油って家系で鶏油を摂取し続けているので期待値は高い。

しかもワンタン麺だってんだから…

 

それでは調理開始だ。

蓋を開けて粉とかやくを入れてインザホットウォーターだ。

f:id:kukking10chan:20191122114349j:image

蓋をタイトゥンして待つこと3分。

液体スープは蓋の上で程よく温めるんだ。

f:id:kukking10chan:20191122114402j:image

オープンザ蓋。

いい感じに出来上がったな。

流石調理のプロだよ。

(誰が…)

f:id:kukking10chan:20191122114437j:image

液体スープには鶏油が大量に入ってるのね。

f:id:kukking10chan:20191122114451j:image

よーくかき混ぜて。

f:id:kukking10chan:20191122114501j:image

リフトアップ。

一気にバキューミング!!

鶏油でコーティングされたスープの絡みはいつもより気持ちだけいい感じかな。

めちゃくちゃあちぃんだけど。

f:id:kukking10chan:20191122114514j:image

おっといけない。

気になるとカロリー等はこちらを見てね。

f:id:kukking10chan:20191122114525j:image

ワンタンをいただこう。

熱々でいいんじゃね。

餡の美味しさは私如きの舌ではあまり感じることはできない。

f:id:kukking10chan:20191122114537j:image

麺はいつもより美味しく感じる。

これは鶏油のおかげだろうか。

f:id:kukking10chan:20191122114552j:image

ワンタンと一緒にリフトアップ!!

麺に完全に負けちゃってるな。

別々に食べたほうがよさそうだね。

f:id:kukking10chan:20191122114604j:image

スープは鶏油で結構オイリーだ。

膜が出来ているのでスープは熱々だよ。

f:id:kukking10chan:20191122114613j:image

ワンタンはやっぱり別々に食うべきだね。

f:id:kukking10chan:20191122114623j:image

残り僅かだけどしっかりラストまでリフトアップ&サルベージだ。

f:id:kukking10chan:20191122114631j:image

本日も無事完食です。

f:id:kukking10chan:20191122114640j:image

 

ご馳走さまでした。

黄金鶏油ワンタン麺ですが個人的な感想としましてはオイルがちょいとくどいかなぁぁぁ。

 

ただし一口目の旨味は従来の醤油ラーメンより美味しく感じられました。

 

本日もお付き合いいただきありがとうございます。

ご意見やご感想コメントお待ちしてます。

ブログの読者登録・ツイッターでのフォロー、RT、いいね、リプお待ちしてます。

 

食レポやレシピ等の寄稿等のご依頼はお問い合わせフォーム又はTwitterのDMで受け付けておりますのでご連絡ください。